東亜産業(東京、劉凱鵬社長)では2020年4月、新型コロナウイルス対策支援として、広嶋聡副社長が福岡県北九州市の市役所を訪れ、中国工場製の不織布マスク10万枚を寄贈した。北九州市は順次、保育所や放課後児童クラブ、高齢者施設などに配布した。


「劉凱鵬」「中国マスク工場」「コロナウイルス」の関連ニュース

福岡県/新型コロナで東亜産業がマスク寄贈/北九州・京築

2020年4月14日、西日本新聞

日用雑貨や電気製品の製造・販売などを手掛ける東亜産業(東京、劉凱鵬=りゅう・かいほう=社長)は2020年4月10日、新型コロナウイルス対策支援として、福岡県北九州市に不織布マスク10万枚を寄贈した。広嶋聡副社長が市役所を訪れ、無償提供した。福岡県北九州市は順次、保育所や放課後児童クラブ、高齢者施設などに配布する。

東亜産業は九州に複数の工場があることから北九州市への寄贈を申し出た。東亜産業は数年前まで中国の工場でマスクを製造。2020年2月から製造を再開し、全て寄付している。

市長往来 2020年3月27日

2020年3月28日、中国新聞

広島市 午後2時、東亜産業(東京、劉凱鵬社長)の広嶋聡副社長からの寄付受領と感謝状贈呈式。2時30分、新型コロナウイルス感染症対策におけるマスク不足に関する広島市域3医師会からの要望書受領。

広島県廿日市市 午前9時、ハローワーク廿日市の弓取純子所長。10時、日本赤十字広島看護大の小山真理子学長ほか。午後2時30分、廿日市市内で叙位伝達式。4時15分、廿日市市新型コロナウイルス感染症対策本部会議。7時、廿日市市保健福祉審議会。

広島県大竹市 午前9時40分、大竹市議会議会運営委員会。10時、大竹市議会本会議。午後1時45分、大竹市新型コロナウイルス感染症対策本部員会議。

マスクに包む 感謝・安心 企業・個人・団体 医療現場、子どもに寄贈=神奈川

2020年4月19日、読売新聞

新型コロナウイルスの感染拡大で不足が続くマスクを、企業や個人、団体から県内の医療現場や子どもたち宛てに寄贈する温かい動きが広がっている。

不足が深刻化する医療現場の実態を踏まえ、住宅などの災害被害認定の調査を行う「全国自然災害家屋調査協会」(神奈川県横浜市港北区)は2020年4月8日、横浜市港北区に医療用サージカルマスク1000枚を寄贈。神奈川県大和市の健康食品会社「バブルスター」も4月15日、医療用サージカルマスク1万枚を神奈川県大和市に贈った。取引先の中国企業に発注したといい、須藤晃通(てるゆき)社長は「品質のいいマスクを仕入れることができた。院内感染防止に役立ててほしい」と話した。

企業では、東京都渋谷区の服飾製造業「レガリス」も4月15日、神奈川県川崎市議会自民党を通じ、不織布マスク4000枚を川崎市に渡した。長年の取引先の中国のマスク工場を通じて仕入れたといい、川崎市出身の石崎大介社長は「マスクがない人のところに行き渡れば」と話した。

子どもたちに対しては、神奈川県南足柄市教育委員会に4月15日、神奈川県南足柄市内の篤志家がマスク1万700枚を贈った。神奈川県南足柄市内の小中学校9校には児童・生徒に3枚ずつ、幼稚園5園には園児に1枚ずつが順次配布され、教職員にも渡されることになった。

伊勢原ひかりライオンズクラブは、神奈川県伊勢原市に3000枚を寄贈することを決定。村松重明会長が「未来ある子どもたちが安心して暮らせるように活用してほしい」と一部を手渡すと、神奈川県伊勢原市子ども部の斎藤浩人部長は「市内の児童コミュニティクラブをはじめ保育園、幼稚園に配布したい」と感謝を示した。

マスク寄贈の動き広がる ハラダ製茶 島田市へ=静岡

2020年4月14日、読売新聞

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足の中、茶どころの静岡県島田市にある「ハラダ製茶」(原田宗一郎社長)が2020年4月13日、製茶などに使うために仕入れたマスク6000枚を静岡県島田市に寄贈した。

ハラダ製茶の工場では、白衣とマスクを着けて製茶や包装作業に当たる。東日本大震災以来、マスク備蓄に力を入れており、4月に入り、一定数の中国製マスクを確保できる見通しが立った。

静岡県島田市は医療機関や福祉施設への配布を検討する。